(いい意味で)思い出に残る卒業ソング

公開日: 

中学校の卒業式。

毎年、卒業生の退場のときは長渕剛の
「乾杯」が流れるのがお決まりでした。

が。

私が卒業した年はKanの「愛は勝つ」でした…。

(実際、すごく流行っていましたが)
業式も終わりに近づき、感動で泣き出す子がチラホラ出始めた時に突然あの軽快なピアノの伴奏が…。

みんなが???っとなりました。

もしかして音楽担当の先生の間違いじゃ?そう思って近くに座っている子たちと顔を見合わせていたのですが、先生たちは大真面目で席を立ち、出口に向かって歩き始めました。

あの軽快な曲が大音量で流れる中、ちょっと目を赤くしながら涙を堪える先生たちを横目に、完全にシラけて涙の引っ込んでしまった生徒たちが首を傾げながら体育館から退場しました。

それから何年か経ち、合コンで過去の卒業式の話になった時のこと。

卒業式の最後にかかった曲は何だった?という話になり、「ウチの学校はチョットおかしくて…。

Kanの愛は勝つだったのー。

」と言ってみたところ、その場にいた人たちが爆笑し「それは変だよ?」と言い合う中、ある男性が「必ず最後に愛は勝つ?。

だね!生徒たちにこれから先、何があっても、愛情を持っていれば必ず何とかなるってメッセージは心強いね。

いい先生に恵まれたね。

」と。

今までに思ってもみないことを言われました。

自分が卒業した学校の先生はオカシイとあちこちで言ってたのがちょっと恥ずかしくなりました。

(でもこんな良いことを言ってくれたのは今までにこの男性だけでした。

)

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑